【1058〜1063days,18.06.2018】

2018.06.19 Tuesday

0




    先日スペイン戻ってきました‼

    という事で、、

    スペインblog復活。。。。

    と言いながら、、

    1ヶ月半いた日本での振り返りからww

    先ずはNY‼

    しつこくもう一回くらいは書くと思いますw







    Diario 18:24





    ほんとにいろいろあった1ヶ月半。

    その中で大きなイベントが2つ‼

    その1つが、初のニューヨーク視察!

    同業社長さん達と7人で行ってきました。

    感じること、考えること、刺激と非常に多く、またいつの日か来てみたいなと‼


    1番考えらされたのが、飲食業界の仕組み。


    「強制チップ20%」


    今現在、日本の飲食業界はどんどん衰退?

    あまり人気のない職業となっていってしまっていますよねー

    この事情は僕ら飲食業界を経営してる人間としては重要かつ、考えていけないとことだと日々思っている中、NYでは、レストランで働く人の存在価値、やりがいのある環境、仕事感へのクオリティなど、、を色々と思い知らされた‼


    ここで重要なのは、テーブルごとにあるチップ制。そしてチップは売り上げの約20%。ここは非課税で、テーブル担当者の収入になる。(理解が間違ってるかもしれないw)

    レストランサービス係の給料は最低賃金、といっても時給15ドル。

    普通に、8時間ほど働いて、日当200〜300ドル程あるらしい。。

    日本のレストランでは、なかなかこの日当を稼ぐのは難しいと思うんだけど、ここは物価の違いが大きくもあり、マンハッタンのワンルームマンションは、家賃が40万円ほど‼

    正直金額に驚いた。。。

    そしてここにあるマジックが、会社が払う給料は日当90ドル、残りはチップと言うこと。。


    そりゃがんばりますよねーー


    そして、高額レストランで勤めれは勤めるほど、このチップの率がどんどん高くなり、収入も増え、そういうレストランから離れたくなくなるのが普通の考え。。かなw

    そうすると、それだけの収入をもらえれば、レストランでもがんばらなきゃ!と言う非常にわかりやすいシステム。


    一方日本は、安売り合戦の中、良いものを安く出さなきゃいけない。。と労働時間が長くなったり、時間当たりの給料が安かったりと悪循環。。。

    高額レストランで、なんとか原価率などを抑え、うまくやってたとしても、なかなか日本所得の平均値より上の環境を作るのは難しい中、なんとか平均値より上を行きたいと思っているんだけど。。。もちろん全社員が。


    マンハッタンには、

    「アメリカン🇺🇸ドリーム‼」

    を目指してやって来てる人達もたくさん。

    皆んなそんな中切磋琢磨し、頑張ってる人達と沢山触れ合えて良かったー


    同じチップ制度とまではいかないと思うけど、日本でもサービス料をもらっているレストランも沢山あるはず。。。

    いろんなヒントがもらえたNY視察でした。


    次は経営側からの意見も日記に残しとこっとwww



    Masa